So-net無料ブログ作成
検索選択

家族内での起こりうる苦しみに切り込んだ問題作、ドラマ「家族狩り」がスタート!!


スポンサードリンク


テレビだからこそ伝えたい「日常の狂気」・・・

ある問題作がついにドラマ化された。 

7月4日、TBSで22:00~放送が開始されたドラマ「家族狩り」。

初回は20分拡大で、先ほど第一話が終了した。 

この「家族狩り」は、映像化するのは難しいとされていた問題作だが、

ついに連続ドラマとなってスタートした。

直木賞作家の天童荒田さんの作品である。

 

「家族狩り」とは・・・

 

家族内で起こる、それぞれの様々な問題に迫っている作品である。

家族とは、人間とは何か・・・

人間の哀しさ、醜さ、そして気高さが描かれている。

ある事件の悲劇をきっかけに結ばれていく人々の、

それぞれの葛藤に注目である。 

 

 

 

児童ケアセンターの女を演じるのは、松雪泰子。

冴えない美術教師を演じるのは、 伊藤淳史。

家庭崩壊した刑事を演じるのは、遠藤憲一。

それぞれに背景がある役柄である。

他にも、

母になる女。

夫から逃げる妻。

結婚したい女教師。

事件を追う刑事。

息子を失った母親。

認知症の父。

介護に疲れた母。

電話相談の女。

というように、それぞれの背景を抱えた人物が出てくる。

事件、悲劇が重なっていく内容になっているが、

現実で起こりうる問題に切り込んでいる。

 

登場人物に自分自身を重ねる人がいるかもしれない。

どのようなラストを迎えることになるのか・・・

それぞれの人生の幸せの道へ進んでいく内容になっていくことを

ぜひ願いたい。 

 

 

 

最後に、天童荒田さんの問題作、

「家族狩り 第一部」あとがきより・・・

 

「すべての人が共有し、

権力も、富も

意味をなさない、

誰もが等しく悩む

可能性があるもの。

 

その答えが ー家族ー」  


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。