So-net無料ブログ作成

「セクハラやじ」の犯人探し。これからの国会に必要なこととは・・・


スポンサードリンク


6月18日、東京都議会の最中に問題は起こった。

 

「みんなの党」の塩村文香都議(35)が、

妊娠や出産への支援、晩婚化に関する質問を行っていた際、

他の議員から

「早く結婚した方が良い!」

「子どもを産めないのか!」

というヤジを飛ばされたことが問題となった。

ヤジと一緒に、ざわざわと笑い声も出てくる始末・・・

 

最初、このヤジを飛ばしたことに関して、

自ら謝罪しようとする議員は出てこなかった。 

 

しかし、23日に鈴木章浩都議(51)が

「早く結婚した方が良い!」

というヤジを飛ばしたことを認め、

塩村文香都議の目の前で謝罪した。

鈴木章浩都議も最初は

「自分は言っていない。」という一点張りだったが、

嘘をついていたことを認めた。

塩村文香都議は、

「(ヤジを飛ばしたのは)決して1人ではなかった。」

「1人が名乗り出て、それで終わってはいけない。」

などの、コメントを残している。

しかし、それ以降自ら名乗り出てくる議員はいない。

犯人探しはこのまま続いていくのだろうか・・・

 

塩村文香都議は、「みんなの党」のホームページで、

「ひとりの女性として子どもを産み、東京都民でよかったと思える

都市にして次世代に引き継いでいきたい。」

という気持ちを綴っている。

例え、塩村文香都議に向けてのヤジだったとしても

今回のヤジは日本国民の女性に向けられたものとして

飛ばされたと思った人もたくさんいるだろう。

そして、何より国会という場でそのような言葉が

飛び交うという現実にショックを受ける。

 

この問題後、芸能人などもコメントを残したり

ブログで想いを書いたりしている方が多い。

 

お笑い芸人の「さまぁ~ず」の三村さんはTwitterで、

「ヤジって基本的に嫌いです。大勢の勢いで言う感じが。

面と向かって言ってみ、ドキドキするから。

そうしていこう。発言に責任が出るから。」

というつぶやきをし、多くの人にリツイートされているらしい。

 

女優の遠野なぎこさんは自身のブログで、

「人を見下げて、ピンポイントに傷つける言葉を探すエネルギーを

どうかお国の為に活かして頂きたいものです。

老若男女が力を合わせて寄り添う、明るい日本の未来の為に、

頑張ってくださるよう・・・切に願います。」

と、想いを綴っている。

 

また一方では、塩村文香都議に対するコメントも・・・

漫才協会の名誉会長を務めている内海桂子師匠は、

「事の背景は知らないが男女同権の昨今その場で

「今のヤジは誰が言った」と女議員が切り返せば話は早いし、

その場でことは済む。」

「プロ同士が戦っている世界の話はまずその世界で解決すべき。」

という意見を語っている。

 

今回の問題で分かったのは、

国会という場、話し合いという最中に

心無い「ヤジ」が飛び交っているという現実。

今回に限った話ではなく、この「ヤジ」は

日本の国会独特のもので昔から問題とされている。

 

本気だから「ヤジ」が飛んでしまうのか、

本気ではないから平気で「ヤジ」を飛ばせるのか・・・

 

また、犯人探しをすることによって、

「ヤジ」を飛ばしたであろう何人かの議員のせいで、

他の国会議員まで、後ろ指をさされてしまうことはあってはいけないこと。

 

 

デビィ夫人は自身のブログで、

「政治家として資質が問われ最低です。

こういう人が都民の代表とは情けないです。」

また、

「もっと、日本人の誇りを考え、国際的なマナーと

礼儀を身につけて行動してほしいものです。」

と想いを綴り、「ヤジ」だけではなく

今後の国会議員の在り方について語っている。

 

今回のこの問題を踏まえて、

今後このような「ヤジ」に関する問題が起こらないように

願いたいものですね。 


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。