So-net無料ブログ作成

ジブリ映画の高畑勲監督にステキな賞が・・・!!


スポンサードリンク


5月9日に、フランス南東部で

「第38回国際アニメーション映画祭」が行われた。 

その映画祭で、

ジブリのアニメーション監督、高畑勲さん(78)が、

見事、「名誉功労賞」を受賞した。

 

高畑勲さんは、

1935年10月29日生まれの

三重県伊勢市の出身である。 

東京大学を出ており、

スタジオジブリ創設時から所属している映画監督・プロデューサーだ。

(ウィキペディア参照) 

 

高畑勲さんの代表作は、

*火垂るの墓

*おもひでぽろぽろ

*平成狸合戦ぽんぽこ

*天空の城ラピュタ

*風の谷のナウシカ

*パンダコパンダ

などである。

どれも名作で、多くの人に愛されてきている作品ばかりだ。

 

今回の映画祭では高畑勲さんの最新作である、

「かぐや姫の物語」

が上映されたらしい。

この作品は、竹取物語を原作としたアニメ映画であり、

キャッチコピーは、「姫の犯した罪と罰」である。

「かぐや姫の物語」は、137分というジブリ歴代最長上映時間の作品となっている。

 

 

名誉功労賞を受賞した高畑勲さんは、

「長生きに対する賞だと思う。この仕事を55年やってきた。」

というコメントを残した。

 

小さい子どもから大人にまで愛される作品を作り続けてきたこと、

この仕事一本で55年を過ごしてきたこと、

世界の方が認めてくれるアニメーション監督がこの日本にいることは、

とても素晴らしいことですよね。本当に日本の誇りです。

 

そして、これからのスタジオジブリの作品にも期待です。 


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。